「こんな症状を治療しています」Vol.6

 

定期的にメンテナンスにおいでくださっている60代の女性。
前回いらした際に、左親指の付け根が痛むということで治療をしました。
その後、親指の痛みは解消。今は、左手首が痛むとのこと。 

 

★☆症状☆★

・左親指の動作時の痛みはなくなった。ギューッと握ると少し気になるくらい
・今は左手首が痛くなってきて、体重をかけると痛い
・左手首は、少し腫れている感じもある


★☆その症状で困っていること☆★
・寝ていて起き上がる時など、左手をついて体重をかけると痛い
・頰付えも、痛くてつけない

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★
・公園で鉄棒にぶら下がって懸垂のようなことをした時に、

 鉄棒をギューッと握りすぎたかなぁという感じがあった
・その後、蓋を開ける、物を掴む等の動きで、親指の付け根が痛むようになった
・親指を手のひら側に倒す動きをすると、

 付け根部分に何か挟まっているような感じがある
・付け根部分が、なんとなく腫れぼったい感じ
・病院には行っていない


★☆治療内容☆★

指の動きや、手首の動きは、背骨や鎖骨の動きと連動しています。

 

この方の場合も、親指の動きと関連する背骨付近を探ったところ、
左側の背骨の際に、筋肉がギューっと凝りかたまっているところがありました。

そこを押さえて左親指を動かしてみて頂いたところ、
気になる感じがなくなるということでしたので、
その凝りかたまりを緩めることのできるツボに鍼をしました。
親指を動かしたときの違和感はなくなりました。

 

さらに、左側の鎖骨付近にも固くなっているところが見つかりました。
そこを押さえて左手首に少し体重をかけるようにして頂くと
痛みが減ることが確認できたので、同様に、
ここを緩めることができるツボに鍼をしました。

 

左手首はほんの少し熱を持って腫れている状態だったので、
炎症を鎮めるツボにも鍼をしたところ、
治療を終える頃には、腫れがひいてきていました。

 

うつ伏せの状態から、しっかりと手をついて体重をかけて起き上がり、
「あらー、平気で起き上がれるわ♥」となったところで、

治療終了と相成りました。

 

★☆院長・あおやまからひとこと☆★
痛みや動きにくさの治療は、
「ここが痛いです」「はい、ではそこに鍼をしましょう」方式では
なかなか効果があがりません。
それは、痛みや動きにくさの本当の原因が、
患部以外のところにあることが多いから。

 

カラコロ堂治療院では、痛みや動かしやすさの治療に際し、
本当の原因となっている個所をしっかりと特定することを大切にしています。

 

指や手首の場合、不調の大本は、背中や鎖骨周りにあることが多いのです。
今回も、背中や鎖骨周りの筋肉の柔軟性を取り戻すことで、
指や手首の痛みが消失しました。

 

痛みの治療でもうひとつ心がけていることは、
神経を安心した状態に戻す、ということです。

 

痛みのある状態が続いていた場合には、
神経は、「また痛くなると怖い」と警戒レベルを上げた状態になっています。
そうすると、「からだを守ろう!」と筋肉がギュッと収縮するため
動きにくさに拍車がかかり、痛みに対しても敏感になってしまいます。

 

こうした状態では、動きも改善しづらいし、痛みも消えづらい。
ですから、カラコロ堂治療院では、局所の動きをよくすると共に、

全身の緊張、神経の緊張を緩めて、
「動かしても大丈夫、別に怖くもなんともない。意識せずに動かせる」
という状態にもっていくよう心がけています。

 

         ************

 

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m
「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」
この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 

 


白沢(はくたく)
中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

おうちでじっとしててくれな日々も、もう6週間を過ぎました。

不要不急のあれこれの中にこそ、こころの栄養素が

いっぱい含まれていたんだなぁ、と実感する今日この頃。

このわけの分からない状況下で、

私たちみんな、本当にがんばっています!

えらいぞ、みんな! えらいぞ、私!

 

実際のところ、この騒動については、

考えれば考えるほど、調べてみればみるほど、

「どうもよくわからない」という思いが大きくなるのですが、

それはさておき、そろそろ宣言が解除されるかな?という

このタイミングで考えておきたいなぁと思いました。

 

それは、

ここからどこに戻っていくのか、ということ。

 

「早く元の生活に戻りたい」、そのとおりだと思います。

仕事もしなきゃだし、学校にも行きたいし、

友達にも会いたいし、家族と一緒じゃない自分だけの時間もほしいよね。

 

でも、

「元」の生活にそっくりそのまま戻ることもないよなぁ、

とも思うのです。

 

「元」のうち、

いいところには戻りたいけど、

実はあんまりよくなかったよねってところには、

わざわざ戻らなくてもいいんじゃないのかな?

 

この数週間の間に、こっちの方がいいかもね、

これもありかもね、って発見したことがあれば、

実はあんまりよくなかった「元」に戻らずに、

そっちを採用したっていい。

 

院長・あおやまは、いまのところこんなふう↓に思っています。

 

★戻りたいなぁと思うところ★

 ・おんなじ空間に集まっておしゃべりして笑うこと

 ・楽しくおしゃべりしながらの食事やお酒

 ・歌うこと、みんなで一緒にライブの音楽を楽しむこと

 ・集まって一緒にからだを動かすこと

 ・美術館、博物館、映画館、劇場、動物園、水族館etc.

 ・旅をすること

 

★戻らなくていいよと思うところ★

 ・熱があったり、具合が悪くても仕事は休まない

 ・満員電車に乗って通勤、通学

 ・スケジュールを詰め込んで、時間に追われること

 ・効率重視で、早く、たくさんこなすのがよいというあり方

 ・丁寧さよりも早さなところ

 ・質より量なところ

 ・長い時間頑張るのが美徳とされる風潮

 

★ここ数週間の新しい動きで、今後も続くといいなと思うところ★

 ・熱があったり、具合が悪かったりしたら休む

 ・すぐに病院に駆け込むのではなく自宅で休んで様子を見る

 ・自分の体調に注意を向ける

 ・自分の免疫系が大事なんだな…という認識

 ・自分の心地よいペースで暮らす

 ・手をよく洗う

 ・家での時間を充実させる

  (そうせざるを得なかったしねぇ)

 ・身近な人との関係を大切にする

  (これまた、そうせざるを得なかったしねぇ)

 

いま思い付くのはこのくらいでしょうか。

特に、いい! こっちで行こう! と思うのは最初の5つ。

 

 ・熱があったり、具合が悪かったりしたら休む

 ・すぐに病院に駆け込むのではなく自宅で休んで様子を見る

 ・自分の体調に注意を向ける

 ・自分の免疫系が大事なんだな……という認識

 ・自分の心地よいペースで暮らす

 

ホントにいいですよ、これ。良すぎるので太字&色付きにしてしまった。

自分のカラダとココロの自治権の復活!

 

これからは、自分のカラダとココロに備わった力を信頼し、

大切にし、気持ちよく育んで行くのが吉! と思います。

カラコロ堂治療院もお役立てくださいませ。←宣伝

 

さて、皆さんはどうですか?

どこに戻りましょうか?

 

せっかくですから、元の毎日よりもよいところに、ね♥

 

この先に見えてくるのはどんな世界?

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

「こんな症状を治療しています」Vol.5

 

以前に膝の治療でおいでくださった70代の女性。

今回は「肩が……」ということでおみえになりました。

 

★☆症状☆★
・寝返りをうった時に左肩のズキッとした痛みで目が覚めた

・痛むのは肩の前辺り
・右手で下から支えて持ち上げるようにしないと左腕が挙がらない

 

★☆その症状で困っていること☆★

・着替え(腕を後ろに伸ばして袖に腕を通す動きなどができない)
・洗顔(顔まで手を持っていけない)

・髪を洗う、とかす(頭まで手を持っていけない)

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★

・1カ月程前に、ガーデニングで庭をほじくり返した。

 その後、少し肩、腕が痛いな〜という感じはあった

・その時は、肩というよりは腕(上腕部)が痛いかなという感じ。

 痛いかなという程度で、その後痛みがひどくなることはなかった

・来院前夜、寝返りをうったときに肩がズキっと痛み目が覚めた

・また夜痛くなると怖いので痛み止めを飲んでいる

・病院には行っていない


★☆治療内容☆★

まずは、どういった動きがやり辛いのか、

どういった動きで痛みを感じるのかを、

無理のない範囲で動かして頂きながら確認しました。

また、症状のある個所だけでなく、連動して動く個所の状態も確認しました。

 

カラコロ堂の鍼治療では、このように問題のある動きや

その動きに関連する個所の状態を確認し、

動き辛さとそれに伴う痛みの原因を特定するところから始めます。

動かしてみて頂くと「あら、この動きもやりづらいわね」等、

気づいていなかった部分もはっきりしてきますので、

患者さんと私とで、一緒に現状を確認していきます。

 

今回は、動きの確認をいくつか行った結果、

肩関節と股関節、両方の動きを調整する必要があると判断し、

まず足首にあるツボに鍼をしました。

鍼を抜いて、顔を洗う動作をしてみて頂くと、

左腕が持ち上げやすくなっていること、

顔と手の間の距離が縮まっていることが確認できました。

 

続いて、太ももの裏側にあるツボ、肩甲骨の外縁にあるツボに鍼をし、

腕の一部である肩甲骨がスムーズに動くことができるようにしました。

 

鍼を抜き、もう一度顔を洗う動作をしてみて頂くと、

さらに大きく動くことができるようになっていました。

また、腕を後ろに伸ばして袖に手を通す動作もやりやすくなりました。


★☆院長・あおやまからひとこと☆★

肩の不調は、股関節の不調を伴うことが多いです。

肩関節と股関節は連動しているからです。関節の形も似ています。

今回も、股関節と肩関節、両方の動きを整える作戦でいきました。

 

ご自身では、関係のない、別の話だと思っていることが、

実際には互いに関連し、影響しあっている、ということがよくあります。

この方の場合も、お話をお伺いしつつ動きの確認をしていく中で、

「階段を降りる時に股関節がギクギクする感じがある」と

教えてくださったおかげで、股関節がらみの肩の不調と判明しました。
 

痛みや動き辛さの本当の原因を探るには、全身をよく観察することが大切です。

時には、脳みその問題(例えば、痛みへの恐怖で筋肉が緊張している等)

だという場合もありますから、全身をよく観察し、
しっかりとお話をお伺いすることを心がけています。

 

「ここが痛いです」「はい、ではそこに鍼をしましょう」ではないのが、
カラコロ堂治療院の鍼治療です。

 

この方の場合は、3回の治療で動きもよくなり痛みもなくなったため、

治療終了となりました。

「もう痛いのには懲りました。

 月に1回くらいメンテナンスに来たほうがいいわね」とおっしゃり、

1カ月後に治療の予約を入れてお帰りになりました😊


         ************

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m
「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」
この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 


白沢(はくたく)
中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

以前、このブログで、鍼灸師をしているとよく聞かれる質問があります、

というお話をしましたが、もう一つ、よく聞かれるのは、

「カラコロ堂のカラコロってなんですか?」ということです。

 

はい、お答えします!

 

「カラコロ」の「カラ」は「カラダ」の「カラ」、

「カラコロ」の「コロ」は「ココロ」の「コロ」。

「カラダとココロ」の「カラコロ堂治療院」でございます。m(_ _)m

 

実は、案外こだわりがありまして、

「ココロとカラダ」の「ココカラ堂治療院」じゃないのは、

単に語呂がいいとか悪いという問題ではないのです。

 

「ココカラ」じゃなくって「カラコロ」なのは、院長・青山が、

「カラダを変えるとココロが変わる」と考えているからです。

「カラダ」が先で「ココロ」が後から付いてくる。

 

カラコロ堂治療院の基本思想のひとつは、

「カラダの状態がココロを作っている」、です。

 

身体の動きの結果心が生まれてくるというのは、

一般的な考え方からすると「そーじゃないだろ!」な感じがしますが、

身体心理学という、動きと心の関係を追求する学問では、

身体→心、という経路であることが確認されてきています。

 

実際、ちょっと思い浮かべてみると、納得できるかもしれません。

 

ゆっくり歩くと心持ちがのんびりする。

早足で歩くとなんとなくやる気が湧いてくる。

呼吸をゆっくりにすると焦っていた気持ちが落ち着く。

胸を開いておひさまを仰ぎ見ると気持ちが明るくなる。

 

なんとなく「あー、わかる」感があったりしますか?

 

そんなわけで(いきなりまとめ。笑)、カラコロ堂治療院は、

カラダとココロの繋がりを利用して、

カラダにアプローチすることでココロにも働きかける、

そんなことをしようとしている鍼灸治療院です。

 

カラダとココロ、両方で私ですが、

そのぜーんぶがもっと健やかにいられますように、

というお手伝いをしようとしている鍼灸治療院です。

 

ピン!と来たら、いちどお便りくださいませ。^^

 

 

大好き♥ モッコウバラ

 

あきる野市と青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 

あなたも私も、「こんなの初めて!」な日々を手探りで進んでいる昨今ですが、

いかがお過ごしですか?

 

さて、政府の緊急事態宣言を受け、東京都緊急事態措置のもと、
学校や様々なお店が休業や営業時間の短縮を要請されています。

 

カラコロ堂治療院のような鍼灸治療院はどうかというと、
国家資格有資格者が治療を行うところとして、

休業要請の対象外となっています。
病院、診療所、歯科、薬局と同じ扱いです。

 

(そうなの、鍼灸師は国家資格なのですよ〜。

 3年間専門学校に通い、解剖学、生理学、経絡経穴学など、

 西洋医学と東洋医学を全般的に修めます。)

 

ということで、カラコロ堂治療院では、五日市、青梅ともに診療を続けています。

 

実際のところ予約のキャンセルも多く発生していますし、

新規のご予約も通常よりも少ないのですが、診療は続けています。

 

休業しても保証の対象外ということもありますが、

日常は続くので、肩が痛い、腰がつらいだのはいつも通り発生していますし、

夢ばかりみて眠りが浅い、寝付けない、気分が落ち込むなど、

非常事態の今だからこその「困った」のお役に立てる場面もあります。

カラコロ堂の鍼灸治療が今、あなたのお役に立てそうか、

詳しくはこちらのブログ記事をどうぞ。→「あらためて、鍼灸治療にできること

 

もとより、鍼灸治療院は、保健所の監督の元で衛生管理を行っている施設ですが、

診療にあたり、カラコロ堂治療院では以下の通り、

あらためて衛生管理を行っています。

 

 

★完全予約制の治療院ですので、他の方と一緒になることはありません。

 

★普段よりもご予約の間隔を空け、施術終了毎に30分ほど換気をしています。

 

★入り口ドアハンドル、椅子、テーブル等、施術終了毎に消毒清拭しています。

 

★患者着、シーツ、てぬぐい等は、施術終了毎に取り替えています。

 

★来院時にお使いいただけるように、手指消毒用アルコールを用意しています。

 

★院長・青山は、毎朝検温をして37.5℃以下であることを確認しています。

 

★院長・青山は、手洗い、手指の消毒を行っています。

 

★院長・青山は、マスクを着用しています。


 

 

新型コロナに勝つでもなく、負けるでもなく、
新型コロナのいる世界で、安全に、安心して、生きていくことができる術が

みつけられますように、と思います。

 

ひとりひとりが自分で考えることを始めて、

今までとは違うあり方、考え方、つながり方がいろいろなところで模索され、

新しい地平がひらけてくるような気もしています。

 

「あー、2020年ねー。

 あそこからいろいろいい感じに方向が変わったよね」って、

何年か先に笑いながら話せるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

          *******

 

そうそう、前回のブログで「やりま〜す!」と書いた30日間チャレンジ、

意外と(?)続いております!

 

「じぶんでんち充電!わたしのリソース♥」をテーマに、

毎日ひとつ、私こと院長・あおやまの「リソース」をアップしています。

 

Instagaramでは「karakoromami」という名前で、

FBでは、「カラコロ堂治療院」「青山麻美」で、出ています。

もしかしてこのブログだけ読んでくださっている方がいらっしゃったら、

ぜひInstagaramやFBも覗いてみてくださいませ。

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM