なんだかすっかり寒い多摩地方。皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

 

さて、カラコロ堂治療院のホームページや、このブログの
「こんな症状を治療しています」コーナーに登場するこの御方。

本日は改めまして、この方↓を詳しくご紹介いたしたく存じます。

いつもはイラストで登場していますが、今日は実写版で「こんにちは」


 

なぜならこの方、近頃「私だって注目されたーい」ってうるさいんです。

ほら、なんかちょっと不機嫌そうな怖い顔してるでしょ?
どうもこの人↓(人なのか?)をライバル視してるみたいで……。

ライバル視されているアマビエさん

 

 

皆さまご存知、アマビエは、実在が信じられた「幻獣」のひとつ。
肥後国(現在の熊本県)の海中に現れてこんなこと↓を言ったそうで、
  「私は海中に住む“アマビエ”という者。

   今後六年間は諸国豊作。

   しかし、病が流行したら、

   早々に私の姿を写して人々に見せなさい」
新型コロナウィルス騒動で一躍有名、人気者になりました。

 

で、アマビエさんをライバル視しているのが、本日の主役であるこの↓方。


こちらはいつものイラスト版。ちょっと可愛すぎる?

 

 

この方、名前を「白沢(はくたく)」と申します。

「白澤」と書かれることもあります。
なんとなく字面がかっこいいので、この先は「白澤」でいきましょう。

 

九州出身のアマビエと違って、白澤は中国出身。
その昔、古代中国の伝説の帝王「黄帝(こうてい)」の前に姿を表し、

黄帝にあらゆる妖異鬼神を撃退する知識を授けたとされています。

その時に白澤が語った言葉を記録したとされるのが、

禍を避け福を招く辟邪(へきじゃ)呪術を伝える『白沢図』という書物です。

 

ちなみにこの黄帝、スンバらしくよくできた伝説の帝王というだけでなく、
中国伝統医学の祖とされる人物でもあります。

カラコロ堂院長・青山のような鍼灸師にとっては、スンバらしく重要な人物です。

「黄帝内経(こうていだいけい)」という、黄帝の名前を冠した書物は、

東洋医学や鍼灸治療の古典となっています。

もちろん、漢字ばっかです……。(^^;

 

話を元に戻しましょう。​

白澤ですよ、白澤。

 

黄帝の時代には、病気や災害は妖異鬼神(妖怪)によって

もたらされると考えられていました。

そのため、妖怪たちを撃退する知恵を持つ白澤の絵は、

厄除け、病除けの効果があると認識されるようになり、

信仰の対象となっていきました。

お守りみたいなものですね。

 

白澤は、人の顔をした獅子のような姿だと言い伝えられており、

現在一般的なのは、頭に角、顔面に二つの目に加えて第三の目、

胴体部分の左右両サイドにそれぞれ目が三つづつ、
合計九つの目を持つ姿です。

 

このブログの最初に載せた写真の白澤も、そんな姿になっています。

この白澤像、日々、カラコロ堂治療院の片隅で怖い顔をしてますので、

現物を見たい方はぜひどうぞ。撫でるとご利益があるとかないとか……。

 

ちなみに、最近では、2011年から2018年まで漫画雑誌『モーニング』に

連載されていた「鬼灯の冷徹」という漫画に白澤が登場していたらしく、

カラコロ堂治療院に来てくれた中学生が、

「あ、はくたくじゃん♥」と言うので、

「え、なんで知ってるの?! その若さで東洋医学マニア?!」と

びっくりしたことがありました。

 

以上、アマビエもいいけど白澤もね♥ということで、

白澤さん、カラコロ堂治療院のHPやブログにも

引き続きちょいちょい登場します。

今後ともお引き立ての程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院


 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM