「こんな症状を治療しています」Vol.6

 

定期的にメンテナンスにおいでくださっている60代の女性。
前回いらした際に、左親指の付け根が痛むということで治療をしました。
その後、親指の痛みは解消。今は、左手首が痛むとのこと。 

 

★☆症状☆★

・左親指の動作時の痛みはなくなった。ギューッと握ると少し気になるくらい
・今は左手首が痛くなってきて、体重をかけると痛い
・左手首は、少し腫れている感じもある


★☆その症状で困っていること☆★
・寝ていて起き上がる時など、左手をついて体重をかけると痛い
・頰付えも、痛くてつけない

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★
・公園で鉄棒にぶら下がって懸垂のようなことをした時に、

 鉄棒をギューッと握りすぎたかなぁという感じがあった
・その後、蓋を開ける、物を掴む等の動きで、親指の付け根が痛むようになった
・親指を手のひら側に倒す動きをすると、

 付け根部分に何か挟まっているような感じがある
・付け根部分が、なんとなく腫れぼったい感じ
・病院には行っていない


★☆治療内容☆★

指の動きや、手首の動きは、背骨や鎖骨の動きと連動しています。

 

この方の場合も、親指の動きと関連する背骨付近を探ったところ、
左側の背骨の際に、筋肉がギューっと凝りかたまっているところがありました。

そこを押さえて左親指を動かしてみて頂いたところ、
気になる感じがなくなるということでしたので、
その凝りかたまりを緩めることのできるツボに鍼をしました。
親指を動かしたときの違和感はなくなりました。

 

さらに、左側の鎖骨付近にも固くなっているところが見つかりました。
そこを押さえて左手首に少し体重をかけるようにして頂くと
痛みが減ることが確認できたので、同様に、
ここを緩めることができるツボに鍼をしました。

 

左手首はほんの少し熱を持って腫れている状態だったので、
炎症を鎮めるツボにも鍼をしたところ、
治療を終える頃には、腫れがひいてきていました。

 

うつ伏せの状態から、しっかりと手をついて体重をかけて起き上がり、
「あらー、平気で起き上がれるわ♥」となったところで、

治療終了と相成りました。

 

★☆院長・あおやまからひとこと☆★
痛みや動きにくさの治療は、
「ここが痛いです」「はい、ではそこに鍼をしましょう」方式では
なかなか効果があがりません。
それは、痛みや動きにくさの本当の原因が、
患部以外のところにあることが多いから。

 

カラコロ堂治療院では、痛みや動かしやすさの治療に際し、
本当の原因となっている個所をしっかりと特定することを大切にしています。

 

指や手首の場合、不調の大本は、背中や鎖骨周りにあることが多いのです。
今回も、背中や鎖骨周りの筋肉の柔軟性を取り戻すことで、
指や手首の痛みが消失しました。

 

痛みの治療でもうひとつ心がけていることは、
神経を安心した状態に戻す、ということです。

 

痛みのある状態が続いていた場合には、
神経は、「また痛くなると怖い」と警戒レベルを上げた状態になっています。
そうすると、「からだを守ろう!」と筋肉がギュッと収縮するため
動きにくさに拍車がかかり、痛みに対しても敏感になってしまいます。

 

こうした状態では、動きも改善しづらいし、痛みも消えづらい。
ですから、カラコロ堂治療院では、局所の動きをよくすると共に、

全身の緊張、神経の緊張を緩めて、
「動かしても大丈夫、別に怖くもなんともない。意識せずに動かせる」
という状態にもっていくよう心がけています。

 

         ************

 

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m
「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」
この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 

 


白沢(はくたく)
中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

「こんな症状を治療しています」Vol.5

 

以前に膝の治療でおいでくださった70代の女性。

今回は「肩が……」ということでおみえになりました。

 

★☆症状☆★
・寝返りをうった時に左肩のズキッとした痛みで目が覚めた

・痛むのは肩の前辺り
・右手で下から支えて持ち上げるようにしないと左腕が挙がらない

 

★☆その症状で困っていること☆★

・着替え(腕を後ろに伸ばして袖に腕を通す動きなどができない)
・洗顔(顔まで手を持っていけない)

・髪を洗う、とかす(頭まで手を持っていけない)

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★

・1カ月程前に、ガーデニングで庭をほじくり返した。

 その後、少し肩、腕が痛いな〜という感じはあった

・その時は、肩というよりは腕(上腕部)が痛いかなという感じ。

 痛いかなという程度で、その後痛みがひどくなることはなかった

・来院前夜、寝返りをうったときに肩がズキっと痛み目が覚めた

・また夜痛くなると怖いので痛み止めを飲んでいる

・病院には行っていない


★☆治療内容☆★

まずは、どういった動きがやり辛いのか、

どういった動きで痛みを感じるのかを、

無理のない範囲で動かして頂きながら確認しました。

また、症状のある個所だけでなく、連動して動く個所の状態も確認しました。

 

カラコロ堂の鍼治療では、このように問題のある動きや

その動きに関連する個所の状態を確認し、

動き辛さとそれに伴う痛みの原因を特定するところから始めます。

動かしてみて頂くと「あら、この動きもやりづらいわね」等、

気づいていなかった部分もはっきりしてきますので、

患者さんと私とで、一緒に現状を確認していきます。

 

今回は、動きの確認をいくつか行った結果、

肩関節と股関節、両方の動きを調整する必要があると判断し、

まず足首にあるツボに鍼をしました。

鍼を抜いて、顔を洗う動作をしてみて頂くと、

左腕が持ち上げやすくなっていること、

顔と手の間の距離が縮まっていることが確認できました。

 

続いて、太ももの裏側にあるツボ、肩甲骨の外縁にあるツボに鍼をし、

腕の一部である肩甲骨がスムーズに動くことができるようにしました。

 

鍼を抜き、もう一度顔を洗う動作をしてみて頂くと、

さらに大きく動くことができるようになっていました。

また、腕を後ろに伸ばして袖に手を通す動作もやりやすくなりました。


★☆院長・あおやまからひとこと☆★

肩の不調は、股関節の不調を伴うことが多いです。

肩関節と股関節は連動しているからです。関節の形も似ています。

今回も、股関節と肩関節、両方の動きを整える作戦でいきました。

 

ご自身では、関係のない、別の話だと思っていることが、

実際には互いに関連し、影響しあっている、ということがよくあります。

この方の場合も、お話をお伺いしつつ動きの確認をしていく中で、

「階段を降りる時に股関節がギクギクする感じがある」と

教えてくださったおかげで、股関節がらみの肩の不調と判明しました。
 

痛みや動き辛さの本当の原因を探るには、全身をよく観察することが大切です。

時には、脳みその問題(例えば、痛みへの恐怖で筋肉が緊張している等)

だという場合もありますから、全身をよく観察し、
しっかりとお話をお伺いすることを心がけています。

 

「ここが痛いです」「はい、ではそこに鍼をしましょう」ではないのが、
カラコロ堂治療院の鍼治療です。

 

この方の場合は、3回の治療で動きもよくなり痛みもなくなったため、

治療終了となりました。

「もう痛いのには懲りました。

 月に1回くらいメンテナンスに来たほうがいいわね」とおっしゃり、

1カ月後に治療の予約を入れてお帰りになりました😊


         ************

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m
「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」
この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 


白沢(はくたく)
中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

「こんな症状を治療しています」Vol.4

 

パソコン操作や楽器演奏など、座って作業することの多い50代の男性。
体勢によって、腰とお尻の下(脚の付け根辺り)が腰砕け状態になり痛む、

ということでおいでになりました。

 

★☆症状☆★
・階段を登ったり降りたりする時に、

 ガクッと力が抜け腰砕けになる感じがある

・その時に、腰が緊張する感じになって痛む
・脚に重みがかかったときにも同じようになる

・仰向けに寝て膝を立てた状態で腰を浮かせる動きがやや辛い

 

 

★☆その症状で困っていること☆★

・階段の昇り降りが辛い
・まっすぐに立てない感じなので、立っているのが辛い

・痛くなると怖いのでおそるおそる動いている

・寝返りがちょっと辛い

 

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★

・自称・腰痛持ち

・10日程前に腰が痛くなり鍼治療を受ける。その腰痛は改善済み。

 ちなみに、その時に辛かったのは、前かがみ、

 腰をひねる、脚を上げて靴下をはく動作

・3日前に重い物を持ち上げて移動させた時におかしな体勢になり、

 新たに腰を痛めた感じ

・寝てたら治るかなと思ったが、

 良くならないので再度鍼治療を受けることにした

 


★☆治療内容☆★

まずは痛みの原因を特定するために、辛くない範囲で、

階段の昇り降り動作、股関節の動きを確認する動作をして頂きました。

カラコロ堂の鍼治療では、このように問題のある動きを確認し、

動き辛さとそれに伴う痛みの原因を特定するところから始めます。

 

今回は、動きの確認をいくつか行った結果、

まずは股関節の動きに関連する筋肉の過緊張をとる必要があると判断し、

足の甲に鍼をしました。

鍼を抜いて、もう一度同じ動作をしていただくと、動きやすくなり、

脚に体重をかけても辛くない状態になりました。

 

腰痛が続くということは、

背中の筋肉の持つ「支える力」が低下しているということですので、

背中の筋肉の柔軟性を取り戻す必要があります。

また「痛いんじゃないか」と常に緊張した状態が続いていたので、

余計な緊張をほどくのも重要です。

ということで、内ももにあるツボ、すねにあるツボ、

太ももの裏にあるツボにも鍼をしました。

 


★☆院長・あおやまからひとこと☆★

前回、今回と続けての腰痛発症でしたが、原因はそれぞれに異なっていました。

 

前回の、

前かがみ、腰をひねる、脚を上げて靴下をはく動作が辛い腰痛は、

鼠径部の硬さ、股関節の屈曲に関わる筋肉の硬さ、

腰のねじり動作と安定性関わる筋肉(腰方形筋)の硬さ等が背景にありました。

 

今回の、

脚に体重がかかると辛い、体重がかけられない、という腰痛は、

主に股関節の屈曲・伸展に関わる筋肉と、

背中の筋肉の「支える力」の低下が関わっていました。

 

同じ腰痛でも、原因が違えば選ぶツボも変わります。

カラコロ堂の治療では、

動きづらさと痛みを引き起こしている真犯人を探し、

そこを変化させることのできるツボを使うので、

実は、腰痛で腰に鍼をするケースは稀なのです。

ちょっと意外でしょ?^^

 


         ************

 

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m
「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」
この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 

 


白沢(はくたく)
中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 
 

「こんな症状を治療しています」Vol.3


介護施設に勤務されている40代の女性。
仕事中に指と首を痛めて以降、

指が痛く動かしづらいということでおいでになりました。


★☆症状☆★
・けが以降、4か月間続いている右中指の動かしにくさ

・左親指、人差し指、中指のしびれ感

(常にではなく、時々ぴりぴりとする。なんとなく違和感がある)
・眠りが浅い


★☆その症状で困っていること☆★
・全体にしんどく、からだも気持ちも疲れやすい

・年をとっちゃった感じ
・疲れすぎて(?)眠れない。途中で目が覚めてしまう

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★
・4か月前に職場で右中指を痛め、第一関節を曲げにくくなる。

 病院で骨折ではないと言われそのままにしていたが、

 動作時の痛みが引かないので1か月ほどたってからテーピング固定を開始。

 現在も固定を続けている。

・指のしびれ感については、怪我をしたときのMRIで脳に異常はなかったので、

 首を痛めたのが原因ではないかと思っている

・以前に医師から「ストレートネック」と言われたことがある。


★☆治療内容☆★

首の骨(背骨の首部分=頚椎)の左側に、

固くなっていて動きが悪い部分があったので鍼をして緩めたところ、

左手のしびれ感、違和感がなくなりました。

 

また、左の首の筋肉に緊張があったたので右脚のツボに鍼をしたところ、

緊張が解け、首の動きがラクになりました。

 

テーピング固定していた右中指については、

テーピングを剥がし、曲げ伸ばしの動きを何度かしてもらったところ、

動き辛い、動かすと痛いという症状がみられなくなったので、

特に鍼はしませんでした。

 

みぞおちが固く、ゆったりとした深い息がし辛い状態になっていたので、

みぞおちを緩めるツボに鍼をし、

しばらくゆっくり横になって休んでいただきました。

 

★☆院長・あおやまからひとこと☆★

どこかに痛いところや動かし辛い部分があると、

からだ全体が緊張した状態になります。

 

からだ全体が緊張しているということは、

神経も緊張した状態になっているということ。

この方の場合は、4か月ほど、そんな状態が続いたため、

ぐっすりと眠ることができなくなっていました。

 

神経の緊張を解くことで、しっかりと休むことができるようになり、

また、からだもリラックスした状態になるので動かしくやすくなり、

動くことで血行がよくなるのでさらに回復が進むという、

好循環が生まれました。

 

からだは動かすことで回復が進みます。

 

「なんとなく大事にした方がいいのかなと思って……」と

続けていたテーピング固定を外し、何回か動かして頂いたところ、

けが以降動かしにくかった指が問題なく動くことが分かりました。

 

テーピングやコルセットは、

「痛くて動けない、でも動かなくてはいけない」という時に

緊急避難的に使うもので、

使い続けるものではありません。

 

動けるようになってきたら、できるだけ外して、

よく動かすようにしてください。

 

そうすることで、血行がよくなり、

筋肉にも栄養が行き渡り、痛みが取れていきます。

 

         ************

 

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m

「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」

この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 

白沢(はくたく)

中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 

「こんな症状を治療しています」Vol.2


リハビリ職をされている30代の女性。
カラコロ堂治療院の治療を受けて吐き気がする程の

肩こりがラクになった、というお母さまの勧めで

来院されました。


★☆症状☆★
・胃の不調
・肩コリ
・眠りが浅い


★☆その症状で困っていること☆★
・胃の不調による食欲低下(本来は食べることが大好き)

・胃の不調による気分不快
・友人との食事の時に不安
・仕事中、育児中に気持ちが悪くなるとつらい


★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★
・もともと胃は弱い方だが食べることが好き。食事は楽しみだった。
・2年ほど前(産後半年後くらい)から食欲が低下、
 気持ち悪くて食べられず激ヤセ。めまいもするように。
・ここ2年ほどで胃カメラを3回。
 結果は「胃炎」程度で、胃酸過多、慢性胃炎との診断。
 胃酸を抑える薬を処方される。辛い時のみ、たまに飲む程度。


★☆治療内容☆★
手、脚のツボを使って、お腹の硬さを改善。

 

胃・腸の動きが整い、手足の冷えが改善するように、
また深くしっかり眠れるように、
自律神経のバランス調整も行いました。

 

2週間後に二度目の来院をされた時には、
「気持ちが悪いのもあまりなく、最近けっこうよく食べられている」
「肩コリは相変わらずある」
「鍼灸を受けた晩は、ぐっすり眠ることができた。
 以前のように眠れない〜!ということはなくなった」
とお話しくださいました。 

 

★☆院長・あおやまからひとこと☆★

おいしく食事をする。

ぐっすり眠ってしっかり休む。

 

毎日の活動で減っていく元気を充電し、

日々元気に動けるような体と心を保つためには、

この2つが不可欠です。


この方の場合は、この2つともが万全ではなく、

負のスパイラルに陥っているような状態でした。

 

治療に当たっては、

体と神経系の余計な緊張を解き、

胃・腸が動きやすい柔らかいおなかにすること、

休息スイッチにスムーズに切り替わりしっかりと眠れる体にすること、

を目標にしました。

 

遠方からのご来院で、
「毎週は通えないのでなにか家でできることがあれば……」
ということでしたので、

夜眠る前にできるリラックス法をお伝えして実践していただきました。

 

 

         ************

 

以上、今日の診療からお届けしました。m(_ _)m

「あ、これ私もだ!」「え、これ私のこと?」

この症状に、ピンと来たら、こちらまで。

カラコロ堂治療院HP 問い合わせ・予約フォーム

 

白沢(はくたく)

中国の想像上の神獣。病魔を防ぐ力があると信じられていた

 

あきる野市、青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM