「先生、ちょっとペン貸してもらってもいいですか?
 うふふ、ほら、ミッフィー!」


昨年の1月から、月1回のペースで通院してくださっている患者さん。

冷えや、生理前の不調、季節の変わり目の不調などでお困りでした。
が、この春は季節の変わり目の辛さをあまり感じなかったと、
嬉しい報告をしてくださって、
「日々の養生の成果だね〜」と喜びを分かち合いました。


そして、いつものように、治療の最後に、
ご自宅でお灸をして頂きたい養生のためのツボに
ペンでペケ印を付けたところ、
冒頭の一言。


私の手からペンを取ると、
ペケ印の上に、ちょんちょんっと丸を二つ。
あらま、ホントにミッフィーになりました!


カワイイ!

ご自宅でのお灸の時間を楽しんで下さっているのだなー、と
とても嬉しくなりました。



あきる野市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

「鍼灸治療って、
痛いとかコリがあるとかじゃないと受けれらないのかと思ってました!
メンテナンスしに来るっていうのもありなんですね〜。」


皆さんは、鍼灸治療院ってどんな時に行くところだと思いますか?

冒頭に紹介したのは、先日いらしてくださった患者さんのひとこと。
中学生の娘さんも治療を受けて下さったことがあり、
治療院に来る前に娘さんとこんな話をしたんです、と教えてくださいました。

「カラコロ堂治療院に行くって言ったら、
娘が『ずるい!私も行きたい』って。
だから『どこか痛いとこでもあるの?』って聞いたんです。
そしたら『うーん、特にないかなぁ』って。
だから『じゃあダメだよ』って言ったんです」
鍼灸治療って、特に痛いところやコリがなくても受けられるものなんですか?」

受けられます!
いや、ぜひ受けてください!

痛みやコリは、毎日の積み重ねの中で生まれるものです。
体の使い方の癖、ココロのありよう、生活習慣、食習慣……。
治療を受けて一旦痛みやコリがとれても、
痛みやコリを生み出す習慣が変わらなければ、
また痛みやコリが発生する可能性があります。
なので、ぜひとも定期的にメンテナンスをしてほしいのです。

定期的に体とココロのお手入れタイムを持つようにすると、
自分の体のことがよく分かるようになってきます。
「ちょっと頑張り過ぎてるな」とか「珍しくここがこってるな」とか。
体が発するそうした「ちょっとまずいよ」というお知らせをキャッチすることができれば、
大きく体調を崩したり、ひどい痛みやコリになる前に調整が可能になります。

自分の体と仲良くなる、日々の無理や歪みをためない.
そのためにも、ぜひ「メンテナンスのための鍼灸」を取り入れてくださいね!


治療室の杉の床もワックスがけしてメンテナンスしてますよ♪

あきる野市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院





「はりきゅうって、トイレの悩みなんかにもいいんだ!
 そうなんだ〜。聞いてみてよかったわ」


ひざの痛みで来院された患者さん。
はりきゅうは初めてで、「どきどきしてます」とおっしゃいます。

ひざの状態を確認してから、ベッドに仰向けになっていただいて治療を開始。
「あら、もう刺してるの?痛くないのね」
「あぁ、気持ちがいいわぁ」と、
しばらくするころにはすっかりリラックス。

横になってリラックスしていると「そいういえばこれも気になっていて……」
と、思い出される方が多いのですが、
この方も気になっていたというトイレの悩みを打ち明けてくださいました。

そこで、ご自宅でできるおきゅうのやり方とツボの場所をお伝えしたところ、
冒頭の「今日のひとこと」と相成ったという次第です。

はりきゅう治療はからだとこころ、ぜーんぶを整える治療です。
肩、腰、膝の痛み以外にも、「そんなことにも効くんだ!」がいっぱいですよ。



あきる野市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

 

「わ〜、顔が軽くなりました!」

月に一度のペースで通ってくださっている患者さん。
仰向けに寝ていただいて、
耳、側頭筋、胸鎖乳突筋、肩甲骨まわりなどを緩めた後の「今日のひとこと」です。

「朝起きると顎の辺りが痛いんですけど、それって、
 夜中に噛み締めてるってことですか?」


はい、ご明察!
睡眠中の歯ぎしりや噛み締めは、肩こりや顎の痛みにつながります。

我慢強くて自分に厳しいがんばり屋さん、
緊張しやすい繊細なココロの持ち主さん、
夜中の噛み締めに注意です!


あきる野市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院

「一家総出でインフルエンザに倒れ大変だった〜。力が出ない〜」
と来院された患者さん。

この方は、カラコロ堂治療院で月に一回開催している
東洋医学講座の生徒さんでもあります。

毎月『気・血・水』のめぐりやら滞りやら不足(=虚)やらについて学んではや一年、
ついに、ご自分の今の体の状態を、
東洋医学用語で訴えるまでになりました!すごいです。

鍼灸治療を受けて、
薬膳的におすすめの食材をメモしてお帰りになりました^^

毎日の健康管理に東洋医学を役立ててもらって、
とても嬉しいです。


精を補う食材「くるみ」