月の終わりの怒涛の三連投!(^o^)v

 

あれは梅雨の真っ只中、7月21日のことじゃったー。

カラコロ堂治療院のブログにお得な商品券の話を載せたんじゃー。

そうよ、あれよ、1万円で買える1万3000円分の商品券の話じゃ。

覚えとらんかいの? ほれ、こんな↓具合になあ。

1万円で1万3千円分使える商品券!カラコロ堂でも使えます

 

……と、ずーっとこの調子でやっていると全然話が進まないので、

ここから通常モードに戻します。失礼いたしました。

慣れない三連投で、ちょっと頭がどうかしてきましたね。^^;

 

青梅市内の登録店で使える1000円の商品券13枚綴が1万円で購入できる、

わがまち応援券「つかおうよ!青梅」。

 

抽選販売で7月28日に受付が締め切られたのですが、

蓋を開けてみたら、売り切れにならなかった! とのことで、

8月26日(水)〜9月30日(水)の期間、

市内のそこここで直接購入が可能となりました。現在発売中です!

 

カラコロ堂治療院のお支払いにも使えるのはもちろんのこと、

市内のレストランやお菓子屋さん、酒屋さん、

インテリアショップ、自転車屋さん、Tシャツ屋さん、靴屋さん、

電気屋さん、獣医さん、お医者さん、理髪店、車屋さん等々、

大型量販店やチェーン店も含めかなり幅広いジャンルのお店で

使うことができるので、とってもお得だと思います。

よろしかったらぜひ♥

 

オススメだぴょん!(カエル談)

買うんだ!(ぱんだ談)

 

商品券について詳しくはこちら↓をどうぞ。

商品券の使える「登録店」の一覧(PDF)

 

☆商品券が買えるお店

・コスメティックハウス うめや(本町117)
 [販売時間] 9:45〜19:00 [定休日]水曜日
・自転車コーキ屋(河辺町10-11-4-101)
 [販売時間] 11:00〜19:00 [定休日]木曜日・第1、第3水曜日
・紅梅苑(梅郷3-905-1)
 [販売時間] 9:30〜17:00 [定休日]月曜日
・青梅商工会議所(上町373-1)
 [販売時間] 8:30〜17:00 [定休日]土曜日・日曜日・祝日
 ・井上クリーニング店(西分町1-113)
 [販売時間] 7:00〜19:00 [定休日]日曜日・祝日
・道味(住江町68)
 [販売時間] 9:00〜18:00 [定休日]月曜日
・小峰時計店(本町130-25)
 [販売時間] 9:45〜18:00 [定休日]水曜日
・桑田商店(上町350)
 [販売時間] 8:00〜19:00 [定休日]日曜日
・久保ラジオ商会(勝沼3-111)
 [販売時間] 10:00〜18:00 [定休日]水曜日
・武藤治作酒店(木野下1-404)
 [販売時間] 9:00〜19:00 [定休日]日曜日・祝日
・(株)サムライTシャツ(野上町4-5-5)
 [販売時間] 11:00〜19:00 [定休日]水曜日・木曜日
・ヘアーサロン タカラ(河辺町5-21-13)
 [販売時間] 8:00〜18:30 [定休日]月曜日・火曜日
・加藤水産(河辺町4-2-6)
 [販売時間] 9:00〜19:00 [定休日]なし
・丸芳青果店(河辺町4-2-6)
 [販売時間] 9:00〜19:00 [定休日]日曜日
・伊勢屋生菓店(河辺町5-5-15)
 [販売時間] 9:00〜16:00 [定休日]不定休
・太田精肉店(河辺町5-9-5)
 [販売時間] 9:00〜19:00 [定休日]日曜日
・豊泉園茶舗(河辺町5-11-6)
 [販売時間] 10:00〜18:30 [定休日]なし
・福島屋酒店(沢井2-724)
 [販売時間] 11:00〜18:00 [定休日]なし
・高野商店(沢井2-914)
 [販売時間] 9:00〜18:00 [定休日]日曜日
・ヘアーサロン タナカ(御岳本町343)
 [販売時間] 8:00〜19:30 [定休日]月曜日・第2、第3火曜日
・手打ちそば きり山(御岳本町138-6)
 [販売時間] 11:00〜19:00 [定休日]水曜日
・手打ちラーメン 東峯園(御岳本町334-17)
 [販売時間] 10:00〜19:00 [定休日]木曜日

 

青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 

 

昨年末以来、久しぶりにおいでくださった40代の男性。
新型コロナウィルス騒動が、カラダとココロに悪影響を及ぼした様子……。

 

「こんな症状を治療しています」Vol.9
★☆症状☆★
・カラダがビクッとなるのがすごくて5月頃から眠れない
・寝た後も、途中でビクーンとなって起きる
・1時間に1回は起きる

 

★☆その症状で困っていること☆★

・よく眠れない

・昼間から「今晩もまたビクッとなるのかなぁ」と気になってしまう

 

★☆これまでの経緯と病院で受けた治療☆★
特に治療は受けていない

 

★☆治療内容☆★
まずは、

「お久しぶりです〜!この異常事態の元、いかがお過ごしでしたか?」

ということで、今回お困りの症状についてだけでなく、

自粛要請後、どんなふうに過ごされていたのかをじっくりと

お伺いする時間を取りました。

 

その後、全身を触診させていただいたところ、

首の側面、みぞおち、首と胴体の境目あたりの背骨周りに顕著な緊張が。

ちょうど、首をちぢこめて背中を丸めた姿勢=防御姿勢を取った時に

緊張が生まれる部分です。

 

防御姿勢で固まってしまったカラダでは、ゆったりとした深い息ができません。

ゆったりとした深い息ができないと、カラダとココロは緊張したまま。

常に「何かあったら、いつでも、すぐに反応できます!」と

スタンバイしている状態。

これでは、ぐっすり眠るのは難しそうです。

 

そこで、5月頃から数ヶ月間も固まったままのカラダとココロに

深い息ができる、ゆったりとした状態を思い出してもらうため、

足の甲と頭に鍼をしました。

 

緊張状態が続くと胃や腸の働きも悪くなってしまうので、

内臓がのびのびと働くことができるよう脚のツボに、

また、特に緊張が強かった背骨周りや腰が緩むよう頭や脚のツボに、

それぞれ鍼をして、ゆっくり休んでいただきました。

 

そして、カラダやココロの緊張が強い場合、

眠ろうとしてその緊張が緩む際に

ビクビクっとカラダが震えるようなことが起こること、

ビクビクっとするのは緊張が解けていっている証拠だから

不安に思うことはないですよ〜^^、とお伝えしました。

 

★☆院長・あおやまからひとこと☆★
見えない危険に対して警戒する、長く警戒状態が続く、

そのことがカラダとココロに与える影響の大きさを実感したケースです。

 

シャキッとするべき時にはシャキッとし、

ゆったりするべき時にはゆったりと ― 私たちは、この両方を

バランスよく行ったり来たりしながら生きるようにできています。

 

常に緊張していてリラックスすることがない状態では、

筋肉の柔軟性低下、内臓機能の不具合、

気分の障害、睡眠の不具合など、さまざまな困りごとが起こります。

この方の場合は、睡眠の不具合として現れました。

 

睡眠の問題が難しいのは、一度気にし始めると

頭の中がそのことでいっぱいになってしまうところだと思います。

 

一日じゅう「今晩は眠れるだろうか」と、そればかり考えてしまう。


でも、そんな方でも、

日中、睡魔に襲われて意識を失ってしまうとか、

眠くて眠くて通常の活動ができないとか、そんな事態になることは稀。

ということは、

「眠れない」と思って悩んでいる方でも、

実際にはそれなりに眠れていることが多いということです。

 

この方も場合も、奥様はこうおっしゃっていました。

「眠れないと言いつつ、結構ちゃんと寝てますけどね」。

「でも、気になっちゃうみたいで。かわいそう」。

なんという夫婦愛♥

 

閑話休題。

 

誰のおかげかわかりませんが、

私たちのカラダは、絶妙に完璧にできています。

 

私たちにできるのは、カラダの自律的なはたらきを邪魔しないようにすること。

「シャキッと頑張るぞ!」モードと

「ゆったり休むぞ、修復するぞ!」モード、

その間を揺れ動く動きを、妨げないことです。

 

そのためには、寝る前はスマホを見ないとか、

シャワーではなくお風呂にはいって「ほにゃー」っと緩むとか、

できることはいろいろとありますが、

ゆったりとした息ができるカラダにしておくことがとっても大切です。

 

気がつくと息をつめて作業をしたりしていませんか?

人の話を一生懸命聞こうとなぜか息を止めたりしていませんか?

何か動作をする度に「んッ」と息が止まってしまっていませんか?

 

のびのびと息のできるゆったりとしたカラダを思い出してもらう、

いつものびのびとしたゆったりとしたカラダでいる。

 

カラコロ堂治療院では、鍼灸でそのお手伝いをさせてもらっています。

 

 

 

 

 

青梅にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 

前回のブログから、なんと一月もご無沙汰してしまいました!きゃー!
秋の気配がしてきたとはいえまだまだ暑い今日このごろ、
皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

 

カラコロ堂はといえば、

お隣のコインパーキングが連日満車になったのを見て

「おぉ、世の中はお盆休みなのであった!」と気付く程に

通常運転の毎日でありました。

 

いつもと変わらない日々の中、ちょっと珍しい出来事もありましたよ。
青梅商工会議所の会報誌「NEWS青梅」8月号に、

紹介記事を載せて頂いたのです。
「会員紹介 会議所からこんにちは」という連載コーナーです。

 

会議所の職員の方がカラコロ堂を訪ねてくださり、
 ・カラコロ堂治療院はなんで「カラコロ」?
 ・院長・青山は、カラコロ堂治療院を開業するまでは何をしていたの?
 ・カラコロ堂を運営するにあたってこころがけていることは?
 ・どんな治療をしているの?
 ・これからカラコロ堂は何をしていくの?等々、
小一時間ほど、いろいろな質問をしてくださいました。

 

カラコロ堂治療院の存在が必要な方に届くように、

どれもしっかりと伝えていかなくてはいけないことばかりですが、

改めて考える機会って実はなかなか持ちづらいんです。

 

今回の取材は、大事なことを改めて考えてきちんと言葉にする、

とてもありがたい機会となりました。

青梅商工会議所の飯塚さん、ありがとうございます。お世話になりました!

 

カラコロ堂治療院はこんなところです、というのが

コンパクトにまとまった記事です。

よかったらこちら↓から、読んでみてください。7ページ目です。

 

「NEWS青梅」8月号

(クリックするとPDFファイルが開きます)。

 

草を食べる怪獣の横顔、的な岩。@天目山栖雲寺

 

青梅市にある女性鍼灸師の治療院
カラコロ堂治療院


 

ウィルスも梅雨空も、まーなんだかずっと居座ってますねぇ。

モヤモヤもやもやしている間に、なんと、もう7月も終わりです。キャー(゚д゚lll).

 

世の中がモヤモヤしている間、院長・あおやまは、

たくさん(もちろん当社比です)ブログ記事を書いてしまいました。

しかも真面目なやつ!

 

こんなん↓とか、

 「ごきげん」は世界を救う(いやほんと。)
 (「安心・安全モード」は伝染する、という話)

 

こんなん↓とか、

 大事なことを言い忘れた!(いやほんとに。)
 (人間は「触れたい」「つながりたい」生物です、という話)

 

こんなん↓とか、

 さて、どこに戻りましょうか?

 (ステイホーム、意外といい面もあったよね、という話)

 

こんなん↓とか。

 カラコロ堂の「カラコロ」ってなぁに?

 (下駄の音ではない、という話)

 

一応「都民」なので、温泉旅行もなんとなくはばかられるし、

「密!」とかなんとかで、課外活動のバンドもできないし、

雨ばっかりで、大好きなおひさまにも随分会ってないしで、

時間が(時間だけが……)たっぷりある。

 

だったら、せっかくの機会だから、

カラコロ堂治療院ってこんなところでーす、

こんなことを考えてる人がやってまーす、

というようなことを書いてみても良いのかなと思ったのでありました。

そんなわけで、今回も真面目ブログです(前置き長っ!)。

 

  ******************

 

皆さんは調子が悪くなった時、まず何をしますか? 病院に行く?

 

病院もカラコロ堂治療院も、

どちらもカラダやココロの不調をケアする場所ですが、

両者を比べると、一つ、大きな違いがあります。

 

それは、

 

「病院では責められたり叱られたりするけど、カラコロ堂では叱られない♥」

 

という点です。


なにより、院長・あおやまが叱られるのが嫌い、ということもありますが、

「私たち、健康になるために生きてるんじゃないもんね」というのが

カラコロ堂治療院の基本姿勢です。

 

「私たち、幸せになるために生きているんだぜ」と思ってます。

(きゃー、なんか青年の主張みたいで恥ずかしい〜)

 

確かに、治療をする立場から言えば、

「そんなことしてたら、まぁ体調崩すわな」みたいなことは山程あります。

「それ、全部やめたら多分すぐよくなるよ」、とも思います。

 

でも、「健康のため」と好きな食べ物や飲み物を我慢し、

夜遊びはせず早寝早起き、

おもしろくもないけどカラダにいいという体操をし……って、

そんなんで生きてて楽しいか?? 幸せ感じてる?? と思うのです。

 

カラダによくないよね、っていうことをせざるを得ない状況があったり、

そうするのが楽しかったり幸せだったりするのが私たちです。

不健康なことってイコール楽しいことだったりしますもんねぇ……。

元気に不健康なことを楽しめるように健康に気を使う、

そっちの方がよっぽど健康的な気がします。

 

それぞれのタイミングでお迎えがやってくるまで、

やりたいことをやり、会いたい人に会い、聞きたいものを聞き、

見たいものを見て、楽しく、満足して過ごす、

カラコロ堂は、そんなふうに生きるためのお手伝いをしたいと思っています。

 

時に訪れるカラダとココロの不調をじょうずにいなして、

肉体的にも、気持ち的にも、やりたいことがやれる自分でいる、

そのお手伝いをするのが、カラコロ堂治療院の役目。

もちろん、不調になりにくくするお手伝いもね。

 

長くなりました。

まとめますと、こんな↓こと。

 

例えば、毎晩の晩酌はかかせません♥というあなたが病院に行くと、

 

「調子が悪い? 毎晩お酒をのんでる? そんなに?!

 調子が悪くなるの当たり前でしょう(怒)! お酒、やめなさい(怒)」

 

と、盛大に叱られ、ダメ出しの嵐に遭いますが、

試しにカラコロ堂治療院に行ってみると、

 

「調子が悪い? 毎晩お酒をのんでる? そっかー、美味しいですもんねぇお酒。

 今の不調が軽くなるまで、試しにちょっとだけ減らしてみるのはどうでしょう?

 え、無理? うーん、じゃあおつまみとかおやつを見直すのは?」

 

と、取引を持ちかけられることでしょう。

 

病院の言うことも、カラコロ堂の言うことも、どっちも間違いではありません。

さて、あなたにとって、しっくりくるのはどっちでしょう?

 

健やかなカラダとココロで生きていく、

そのための「正解」を知っているのは、自分だけ。

誰かに効いた方法が自分に効くとも限らないし、

正しいとされることをひたすら守るだけでは自分のココロが死んでいく。

 

院長・あおやまは、「自分の魂がよろこぶ方」を選ぶのが吉、と思うております。

これを、「不健康なことをやる言い訳」とも言う〜。^^

 

 

夜中の甘味は背徳の味〜

 

青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

じめじめじめじめじめじめ∞……カビが生えそう……。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 
スッキリしない天気にスッキリしない世の中、
もー、私たちみんなホント頑張ってるよ。お疲れさま!!

 

さて、今回は、頑張り中の私たちに耳寄りなお知らせです。^^

 

現在、青梅市がプレミアム付商品券の購入申し込み受付中なのですが、

この商品券、カラコロ堂治療院にて治療費のお支払いに使えます!

1000円の商品券13枚つづりの1冊が、お値段なんと1万円。
1万円で1万3000円分のお買い物ができる! きゃ、太っ腹♥

 

この素敵な商品券の名前は、わがまち応援券「つかおうよ!青梅」。

青梅市在住の方限定で、一人2冊まで購入可能。

抽選販売だそうで、こんな流れ↓らしいです。

申込み→ 抽選→ 引換券発送→ 引換券を持って商品券を買いに行く

 

申し込みは次のいずれかの方法で7月28日(火)までに。
(1)インターネット
(2)申込書を郵送
(3)申込書を市役所等の施設に設置の投函箱に投函

 

8月3日(月)に発送される引換券を持って、

8月25日(火)までに商品券を購入し、
10月31日(土)までに使ってね、という話だそうです。

抽選とは言うものの、3万5000冊を販売するということなので、
申し込めばまず手に入れることができるのではないかと。

 

さあ、この機会に、前から実は気になっていた(え、気になってない?あら……)

鍼治療、おひとついかが? 緩んで初めて分かる

「あー、なんかラク。私、緊張してたんだね!」を味わいにいらしてください。

異常事態続きでお疲れのカラダとココロが休まりますよ。^^

もちろん、いつものあなたも、お待ちしております。m(_ _)m


商品券について詳しくはこちらをどうぞ。
わがまち応援券(プレミアム付商品券・宿泊券)について

商品券の使える「登録店」の一覧(PDF)
 

商品券の申し込みはこちらからどうぞ。
わがまち応援券「つかおうよ!青梅」/「泊まろうよ!青梅」

(青梅市プレミアム付商品券/宿泊券)抽選申込みページ

 

おひさまー、そろそろまたお目にかかりとうございます〜。

 

青梅市にある女性鍼灸師の治療院

カラコロ堂治療院

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM